日本人の半数が一生のうちにがんに罹っています。そのくらい我々にとって身近
な病気です。その予防は多くの人の関心を集めています。

 

がんの発生原因

 

がんは、さまざまな要因によって発症していると考えられています。その中には
予防できるものも多く含まれています。

 

日本人では、男性のがんの53.3%、女性のがんの27.8%は、生活習慣や感染が原
因でがんとなったと考えられています。

 

その原因として挙げられるのが、喫煙、飲酒、食物・栄養、身体活動、体格、感
染などがあります。

 

そのうち、大きな原因は、喫煙(男:約29.7%、女:約5.0%)と感染(男:約
22.8%、女:約17.5%)で、その他のものは比較的小さいと報告されています。

 

喫煙

 

これまでの研究から、たばこが肺がんをはじめとするさまざまながんの原因とな
ることが、科学的に明らかにされています。また、たばこを吸うと、本人だけで
なく、吸わない人にも健康被害を引き起こします。

 

がんを予防するためには、たばこを吸わないことが最も効果的です。現在たばこ
を吸っている人も、禁煙することによってがんになるリスクを下げることができ
ます。

 

飲酒

 

飲酒は口腔、咽頭、喉頭、食道、大腸、肝臓、乳房のがんのリスクを上げると報
告されています。飲酒により体内に取り込まれたエタノールは、動物での発がん
性が示されているアセトアルデヒドに代謝されるため、がんの原因になると考え
られています。

 

また、飲酒は、免疫機能を抑制するとともに、エストロゲン代謝へ影響を及ぼす
ことや食事が偏り栄養不足につながることから、がんの原因となることが報告さ
れています。

 

なお、喫煙者が飲酒をすると、食道がんやがん全体の発症リスクは特に高くなる
こと(交互作用)がわかっています。

 

食生活

 

塩蔵食品(塩漬食品など)が胃がんのリスクを上げることは、よく知られていつ
事実です。塩分濃度の高い食品を控えると共に、食品の加工・保存に食塩を使わ
ない工夫も必要です。

 

食塩は高血圧の主要な原因であることは国際的な研究で示されてきました。その
ため、減塩は血圧の関連する心疾患のリスクを低下することが知られています。
さらに、脳卒中、左室肥大、腎疾患などにも関連することがわかっています。

 

野菜・果物については主に消化器系のがんと肺がんでの関連が指摘されています。
野菜と果物は口腔、咽頭、喉頭、及び肺(果物のみ)のがんに、それぞれ予防効
果が期待できます。

 

野菜・果物にはカロテン、葉酸、ビタミン、イソチオシアネートなどさまざまな
物質が含まれており、これらの成分が発がん物質を解毒する酵素の活性を高める、
あるいは生体内で発生した活性酸素などを消去すると考えられています。

 

なお、この場合の野菜には穀物やイモ類は含みません。

 

また、食物繊維を含む食品やにんにくは大腸がんのリスクを下げることがわかっ
ています。

 

ハム・ソーセージ・ベーコンなどの加工肉や牛・豚・羊などの赤肉(鶏肉・魚は
含まない)は大腸がんのリスクを上げることがわかっています。また、加工肉は
胃がんのリスクを確実にあげるといわれています。

 

運動

 

中等度(身体的にやや負荷がかかり、少し息がはずむような活動適度な運動)か
ら強度(かなり呼吸が乱れるような運動)の身体活動が、大腸(結腸)がんのリ
スクを下げることは知られています。

 

この理由としては、肥満の解消、血糖を下げるホルモンであるインスリンの働き
の改善(インスリン抵抗性の改善)、免疫機能の増強、脂質の吸収などを調節す
る胆汁酸の代謝への影響などがあると考えられています。

 

体格


肥満傾向にある人は食道・膵臓・肝臓・大腸・乳房(閉経後)・子宮体部・腎臓
のがんに要注意です。また、成人後の体重増加は乳房のがんが心配されます.

 

感染

 

感染は、日本人のがんの原因の約20%を占めると推計されます。
感染の内容として、日本人では、B型やC型の肝炎ウイルスによる肝がん、ヒト
パピローマウイルス(HPV)による子宮頸がん、ヘリコバクター・ピロリ(H.
pylori)による胃がんなどがその大半を占めます(表2)。他には、エプスタイ
ンバーウイルス(EBV)による悪性リンパ腫や鼻咽頭がん、ヒトT細胞白血病ウ
イルスⅠ型(HTLV-1)による成人T細胞白血病/リンパ腫などがあります。