人気ブログランキング

&nbsp

もろみ酢

 

もろみ酢は単式蒸留しょうちゅう泡盛の蒸留粕を圧搾・ろ過したものです。
米しょうちゅう、麦しょうちゅうの蒸留粕などからもつくられています。
泡盛のもろみからつくられるものを 琉球もろみ酢 と定めています。

 

琉球もろみ酢の原料となる泡盛のもろみは、自然のちからだけでつくられていま
す。沖縄で600年の間受け継いできた大切ものです。

 

米をこうじにするために沖縄では黒こうじ菌を使います。黒こうじ菌は気温の高い
沖縄でも雑菌の繁殖を抑え丈夫な米こうじにしてくれます。それは発酵の過程で
クエン酸、アミノ酸をつくることも作用しているのです。

 

琉球泡盛のもろみに含まれる、アルコールは蒸留によって除かれますが、クエン酸、
アミノ酸は豊富に含まれていますので、これを原料とするもろみ酢は健康飲料です。

 

 

クエン酸の効果効能

 

疲労回復

 

人間の身体を動かす機能の中にクエン酸回路という機能があります。クエン酸を
取り込んで乳酸を分解したり、乳酸の生成を抑えたり、新陳代謝を促す働きです。
疲労物質である乳酸を分解し、生成を抑えることで、疲労が回復する効果を持っています。

 

ダイエット

 

クエン酸には、三大栄養素の代謝経路であるクエン酸回路を活性化させる働きがあります。
クエン酸を摂取することで、クエン酸回路が活性化し代謝の向上にもつながることから、
ダイエットにも効果的といわれています。

 

血流の改善

 

人間の血液は酸性化するとどろどろになり、流れが悪くなります。クエン酸は体内に取り込
まれるとアルカリ性へと変化し、血液をアルカリ性へ変化させ、血液をさらさらにする効果
があります。この効果により血液の流れを改善させます。血液の循環が悪くなることによっ
て起きる、高血圧や動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などといった病気を予防することもできます。

 

美肌

 

ミネラルの吸収を促進させるキレート作用があります。人間の身体に無くてはならないミネラル
の吸収を高めることで、美容や健康に効果が期待出来ます。

 

腸内環境改善

 

酢には抗菌作用があるため、腸内の悪玉菌を減らす作用があります。さらに、酢に含まれている
グルコン酸は善玉菌が大好きなエサ。つまり、酢をとることで善玉菌が増え、元気に活動するよ
うになります。腸の血流がよくなり、ぜん動運動が活発になるのです。

 

ぜん動運動が活発になると、腸内環境が改善されて便秘が解消されるとともに、活性酸素の発生を
抑制してくれ、疲れにくい体になります。

 

お酢で摂る場合の目安

 

1日大さじ1〜2杯が目安です。体にいいからと、やたらたくさんとる必要はありません。
空腹時に酢をとると胃を痛めるので、食事中や食後にとりましょう。酢をドリンクとして飲む場合は、
5〜10倍を目安に薄めます。酢を飲んでそのまま寝ると、歯が溶けてしまう酸食歯(さんしょくし)の
原因になるので注意しましょう。

 



コメントを残す