人気ブログランキング

ビタミンの必要性

ビタミンは、炭水化物・タンパク質・脂質とちがいエネルギー源や体をつくる
成分ではありませんが、ヒトが健全に成長し、健康を維持する働きをしています。

 

ビタミンは他の栄養素がうまく機能するための機械の潤滑油のように働いています。
ビタミンの必要な量はとても少ないのですが、体の中でほとんどつくることができ
ないので、食べ物からとることが必要です。

 

具体的には、生体内において酵素がその活性を発揮するために必要な補酵素として
機能します。ビタミン欠乏症に陥ると、ビタミン類を補酵素として利用する酵素が
関与する代謝系の機能不全症状があらわれます。

 

 

ビタミン不足のなると食欲不振、疲労、冷え、肩こり、その他さまざまなの病気
を誘発する原因となります。

 

ビタミンには水に溶ける水溶性ビタミンと、油脂に溶ける脂溶性ビタミンがあり、
それぞれの性質から体への取り込まれ方や代謝に特徴があります。

 

水溶性ビタミンは尿などから体の外へ排泄されやすく、脂溶性ビタミンは体の中
に蓄積されやすいため、これをふまえておくと、水溶性ビタミンは少量を頻回と
るとよいこと、脂溶性ビタミンは油といっしょにとると吸収がよくなるとことが
わかります。

 

ヒトのビタミンは13種が認められています。

 

脂溶性ビタミンは、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンKです。
水溶性ビタミンは、ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6
ビタミンB12・パンテトン酸・ナイアシン・葉酸・ビオチンです。

 

しかしビタミンの過剰摂取による内臓器官の副作用もありますので、サプリメ
ントなど服用する場合は適切な容量用法にしたがい使用することが大切です。