人気ブログランキング

加水分解卵殻膜とは

鶏卵の殻と白身の間にある0.07mmの薄膜(卵殻膜)をアルカリによって加水分解して得
られる淡黄色~褐色の水溶性粉末です。

卵殻膜はフィルターの役割をしており、鶏の雛が最近に侵されずに育つのもこの卵殻膜の
おかげです。

主成分はタンパク質で、20種類のアミノ酸から構成されています。

 

ヒトの皮膚や毛髪のアミノ酸組成と非常に近い構成で、さらにコラーゲンやヒアルロン酸
を含有している自然界で唯一の素材です。

化粧品に配合される場合は、ヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促進する線維芽細胞を増
やす働きや肌の真皮に多く存在するⅢ型コラーゲンの産生を促進する効果があるため、保
湿化粧品やエイジングケア化粧品に使用されます。