人気ブログランキング

 

黒酢について

主な原料に米・米麹・水を用いるものだけを黒酢といいます。たくさんの必須アミノ酸を
含んでいます。

 

日本の黒酢は米だけから作られるものが主流であるのに対し、中国産のものにはコーリャ
ンや大麦なども使われていて香酢としています。

 

豊かな香りから香醋と呼ばれることもあります。

 

日本では1975年に鹿児島県姶良郡福山町(現在は霧島市福山町)の醸造株式会社が壺つ
くりの米酢を「くろず(黒酢)」と命名して全国販売したことが最初です。

 

 

 

製法には薩摩焼の54ℓの黒い陶器で地下水・蒸し米・混ぜ米麹・振り麹を職人が毎日育て
ており1年から3年もの長い時間をかけてゆっくり発酵・熟成したものだけを黒酢として
出荷する世界でも非常に珍しい製造方法です。

 

含有されているクエン酸が疲労回復、アミノ酸がダイエットに効用があるとされ、健康食
品の一つとしてブームを呼び、大々的に様々な商品が開発され発売されています。

 

効果については各社で実証実験などを実施しているようです。ただし、過剰摂取は健康に
被害をもたらす恐れもあります。

 

自然発症高血圧ラットに黒酢エキスを強制経口投与したところ、血圧は投与量に依存して
有効に降下したとの報告があります。

 

なお、食酢の摂取でも血圧上昇抑制効果が認められました。この効果は、レニン-アンジオ
テンシン-アルドステロン系の穏やかな抑制によるものです。

 

 

 

酢の含有成分

 

アミノ酸

黒酢にはアミノ酸、有機酸、ミネラル、ビタミンなどが溶け込んでいます。純玄米黒酢のアミノ
酸には、人の体内では合成されず、食事から摂らなければならない必須アミノ酸9種類のう
ち8種類(リジン、フェニルアラニン、スレオニン、ロイシン、イソロイシン、バリン、メチオニン、ヒ
スチジン) が含まれています。それ以外のアミノ酸も多量に含み合計17種類が認められて
います。

 

有機酸

純玄米黒酢には4.5% の有機酸が含まれています。そのほとんどが酢酸と乳酸です。その
他にはコハク酸、クエン酸などをわずかに含んでいます。これらの有機酸は強い殺菌作用を
示し、雑菌の増殖を防ぎます。また、食欲を刺激して食べ物の消化を助け、鉄やカルシウム
の吸収を増やすとともに疲労物質の乳酸を除く働きがあります。

 

ミネラルとビタミン

ミネラルは微量で生体の生理機能を調節しています。黒酢には鉄やカルシウムの他にマグ
ネシウム、亜鉛、マンガンなどが含まれています。また、生体内の代謝に必要なビタミンB1、
B2などが含まれています。