人気ブログランキング

 

甘酒は日本の伝統的な甘味飲料の一種で、見た目はどぶろくに似て混濁してい
ます。甘粥(あまがゆ)とも呼ばれます。

主に米こうじと米、あるいは酒粕を原料として造られます。酒という名がつくもの
の、アルコール含有はわずかで、市販されている商品はソフトドリンク(アルコール
度数1%未満)に分類されます。

かつては夏に、「甘い・甘い・あ〜ま〜ざ〜け〜」などの文句で民家に行商
人が歩いて売っていました。

俳句では夏の季語にもなっています。

 

甘酒の歴史

 

甘酒の歴史は古く古墳時代から飲まれていたという記述もあります。

江戸時代には、夏には夏バテを防ぐ栄養豊富で体力回復に効果的な「夏の
栄養ドリンク」として庶民に受け入れられていました。

『守貞漫稿』には、「夏月専ら売り巡るもの」が「甘酒売り」と書かれてお
り、非常に人気がある飲み物であったようです。当時の江戸幕府は庶民の
健康を守るため、老若男女問わず購入できるよう甘酒の価格を最高で4文
に制限しており、武士の内職としても甘酒造りが行われていました。

正月には、参拝客に甘酒を振る舞ったり、お土産として持ち帰る甘酒を販売する
寺社が多くあります。また、米農家が収穫を感謝するため、甘酒を造ったり、祭り
に甘酒を供える風習が残っている地域もあります。

現代では、そのまま飲める缶入り、瓶入りのほか、濃縮や粉末、フリーズドライの
ものが販売されており、ミルクスタンドでは「冷やし甘酒」、また「甘酒ヨーグルト」など各種製品も販売されています。

雛祭りの際に飲まれる「白酒」は製法が異なるよく似た別物です。

 

白酒との違い

 

甘酒と白酒は同じものと思われている方が多いと思いますが、かなり違うもので
す。一般的に甘酒は、ご飯やおかゆなどに米こうじを混ぜて保温し、米のデンプ
ンを糖化させたもので、アルコールをほとんど含まない甘い飲み物です。

昔から庶民の手作り飲み物として親しまれ、作り方も意外と簡単で一晩でできる
ことから一夜酒ともいわれていました。

一方、白酒は、みりんや焼酎などに蒸したもち米や米こうじを仕込み、1ヶ月程
度熟成させたもろみを、軽くすりつぶして造った酒のことをいいます。昔からひ
な祭りなどで供えられ、白く濁り粘りと甘みがあり、アルコール分は9%前後、
糖質が45%程度含まれ、酒税法ではリキュール類に分類されています。

 

甘酒の栄養

 

甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、
システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含
まれています。

ブドウ糖以外の成分は原料米とのコウジカビ属に由来します。これらの栄養はい
わゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と言われ
ることもあります。

ブドウ糖は目が覚める朝、空腹時に何かと一緒に摂取すると血糖値が上がるの
で効果的です。

ある会社では「ジャパニーズヨーグルト」として海外に販売しています。

冬季では体が温まるようにあるいは風邪の予防として甘酒を熱くし、夏季はさっぱ
りと飲めるようにショウガ汁を入れて飲まれることもあります。