人気ブログランキング
(引用:日本食品機能研究会)

納豆をとりまく環境

納豆は日本を代表する伝統食品で、近年、ナットウキナーゼポリアミンをは
じめとする機能性成分が含まれることなどが明らかになり納豆人気はここ十数
年拡大傾向にあります。

ナットウキナーゼ(納豆菌)

ナットウキナーゼは、納豆の粘りに含まれるタンパク質分解酵素で納豆特有の
成分です。納豆を生成する過程で煮豆を納豆菌で醗酵させる際にナットウキナ
ーゼが生成されます。

 

この成分が体内で血栓の元となるタンパク質を分解する作用があることが近年
明らかとなっており、血栓予防効果による血圧降下作用や血流改善作用が注目
されるようになりました。それによる高血圧や高脂血症、糖尿病などへのアプ
ローチも期待されています。

 

また、心筋梗塞や脳梗塞といった日本人の死亡原因トップ3に入る重篤な症状
も血栓が関与するため、納豆を1日1パック(50g)食べることが、健康維持
に効果的であるといわれるようになっています。

ポリアミン

 

ポリアミンはすべての生物の細胞内でアミノ酸から合成される物質で、2種類
(スペルミン、スペルミジン)あり、いずれも体内で細胞の増殖や生存に必要
不可欠な物質です。しかし加齢とともに減少することが分かっています。

 

近年、ポリアミンは腸や大腸といった消化管からの吸収が非常に良いため、食
品から補うことが可能であることが判明しています。

 

加齢とともに生成されにくくなるポリアミンを食品から十分補うことで血中の
ポリアミン濃度を上昇させることができます。

 

ポリアミン濃度を高めることは、動脈硬化の促進を防ぎ、老化を抑制すること
から全身のアンチエイジングになると注目を集めています。

 

血管が老化しにくく、血流が良いことは細胞のアンチエイジングにつながるだ
けでなく、免疫細胞の若返りにもつながります。 また近年はポリアミンが体内
で増えると、脂肪が燃焼しやしすくなることも明らかとなっています。

 

納豆=万能食品

納豆のこれらの成分により血流促進や動脈硬化予防が期待できるだけでなく、
脂肪燃焼作用や、食物繊維による整腸作用、免疫促進作用などにより万能食品
として認知されています。

納豆は日本の伝統・文化・風土のなかで育まれた食品です。世界的にもスロー
フードやロハスの流れから関心が寄せられています。