人気ブログランキング

高麗人参

日本での歴史

現在、全体の70%以上が韓国と中国で栽培されているが、日本でも江戸
時代から栽培されています。

古くから薬効が知られ珍重されていましたが、栽培は困難で18世紀はじ
めの李氏朝鮮で初めて成功しました。韓国では忠清南道錦山郡と仁川広域
市江華郡、北朝鮮では開城市が産地として有名です。中国では長白山(白
頭山)の麓で「長白山人蔘」として栽培されています。

 

日本では福島県会津地方、長野県東信地方、島根県松江市大根島(旧八束
町)の由志園などが産地として知られています。

なお、余談になりますが、江戸時代には大変に高価な生薬で、庶民には高嶺の花
でした。そのため、分不相応なほど高額な治療を受けることを戒める「人蔘飲ん
で首括る」のことわざも生まれました。「人参で行水」は医薬のかぎりを尽くし
て治療をすることだそうです。

生薬として

主要な薬用部位は根で有用成分はジンセノサイドとよばれるサポニン群で、糖尿
病、動脈硬化、滋養強壮に効能があり、古くから服用されてきました。血圧を高
める効能があるため、高血圧の人は控えるべきだと言われてきましたが、血圧の
高い人が飲むと下がるという報告もあり、実際は体に合わせて調整作用があると
もいわれています。

また、自律神経の乱れを整える作用もあります。

漢方として

漢方では他の漢方の薬効を強める働きがあるといわれ、単体だけでなく他の漢方
と併用する場合もあります。

皮を剥ぎ、根を天日で乾燥させたものを白参(はくじん)、皮を剥がずに湯通し
してから乾燥させたものを紅参(こうじん)ということいいます。

日本においては、根を蒸したものを紅参としています。他に、濃い砂糖水に漬け
込んでから乾燥させる糖参もあり白参に分類されています。

紅参の特徴

 

いろいろな加工方法の中で最も時間とお金が掛かった加工法です。
6年間栽培した高麗人参の根を使用しています。ちなみに、高麗人参を一度収穫
した畑は最低1年間何も栽培できません。

このように16年ひとサイクルの時間をかけますのでかなりの費用がかかります。

この6年物の高麗人参の根を皮を剥かずにそのまま煮て乾燥させたものが紅参と
して販売されているのです。

皮を剥かずに加工処理をしていますので、サポニンが豊富に含まれています。
健康食品で高麗人参をお考えの方はご予算が合えばぜひ「紅参」をお勧めします